ハーフビルド…その3   

2013年 01月 21日

オヤジは倉庫を作りながら、山小屋をどう作るか?検討しました。
ます、イメージを決めていきます。
2階建て、1階はLDK.そしてロフト!
天井は吹き抜け、古民家ふうな大きな梁が見え、大きな広い窓!と決めて
ログハウスの展示場巡りをしました。

設計のことは、出来ているものを見ることが一番です。
イメージしていた家がありました。

山小屋にはログハウスが一番と思いますが、材料が重く
窓も大きくとることができません。
ちなみに森の中にポスト&ビームをセルフビルドで建てられている人がいますよ~。
杉の木を原木で買い、皮をむいてチェンソーで刻んでいます
基礎も自分で打ち、テントを張って休みの日に作業を進めています
チェンソーを使っている姿は、ワイルドそのもの!これこそセルフビルドです。
オヤジには無理です、そこまでの体力はアリマセン

次に2×4,壁を作って組み立てる方法ですが、最初に床を作る為
短期間ならいいでしょうが、長期に及んだ場合は雨が降って濡れるので無理です。
特に山は雨がよく降ります!!

次に在来工法です。これでは雨の心配は少なくなります。
また、柱を1本ずつホゾ穴に組み込んで確認しながら作業を進めることができます。
窓も大きくとることができます。
問題は屋根組です。
松の曲がった木を梁に使うので、桁を含めかなり材料が大きくなります。
1本、50㎏以上はすると思います。
組み立てはひらばで確認しながら刻む事ができますし
松の木も、太鼓おとしをすれば作業はしやすくなります
いろいろ検討しました。
d0287649_051228.jpg

続く~
[PR]

by yufuin-soba | 2013-01-21 11:46 | お店作り

<< ハーフビルド…その4 白銀の森 >>